クローゼット(収納)に扉付ける?付けない?

こんにちは!ONOYA東京 吉祥寺リフォームショールームの伊藤です。

最近プランをつくる際に、「ここは扉をつけないほうが使いやすいかな?」と考えて、あえてつけないなんてこともご提案しています。(写真は某メーカーさんからお借りしました)

以前は、収納には扉がついているのが当たり前でしたが、「扉がある=1アクション増える」という風に最近は感じています。

毎日使う場所、頻繁に開け閉めする場所においては、あえて扉をつけないという選択肢もあり◎です!

もちろん、ほこりの関係で、食材をしまう場所とか来客時に目につく場所とかは扉をつけたほうが良いかと思いますが、目隠しという点においては、扉でなくてもロールスクリーンとかカーテンといったものを使うのも手です。

住まい方によって、使い方によってこの辺りは使い勝手が変わってきます。

リフォームの際には、ぜひどういうのが良いかな~と一緒に考えてみましょう(^▽^)/

三鷹市・武蔵野市のリフォーム・増改築を専門とするONOYA東京 吉祥寺ショールームは、
LDKリフォームを中心とした生活提案を行っております。
もちろんドアの交換などの小規模リフォームも取り扱っております。
吉祥寺・武蔵野・三鷹エリアでリフォームを検討中の方はぜひお気軽にご相談ください。

吉祥寺リフォームショールーム 
伊藤友美

このスタッフを詳しく知る 吉祥寺ショールームを詳しく知る

Page Top