こだわりと優しさの家

[お悩み リフォームのきっかけ]

腰の悪い奥様の為に始まったリフォーム。築30年のお家は畳中心の昔ながらの間取りでした。全体的に暗く、すすけた雰囲気のある住まいになっていたことから、明るく穏やかに生活が出来ることを切望されていました。さらに内装や設備機器の刷新をベースに、床座から椅子座の生活へ切り替え、さらに、家事導線も極力短くすることを望まれていました。

Before

[リフォームのポイント]

光が入らず暗かったキッチンを壁を抜くことで、十分に明るいLDKにしました。常にお互いの存在を感じられる対面キッチンは、足腰の悪いお施主様に配慮し、導線を極力短く設計しました。また、椅子座の生活に欠かせない家具は、立ち座りがしやすく尚且つナチュラルな雰囲気にも合うように選定しています。住まい手にしっかりと寄り添って考えられたナチュラルな住まいが完成しました。

After

[施工データ]

工事名
LDKリフォーム
施工期間
3ヶ月
工事面積
105m2
物件種別
戸建て
築年数
50年
構造
木造軸組工法
工事場所
キッチン洗面浴室トイレ リビングダイニング個室(3部屋) 外装屋根 玄関
施工店舗
吉祥寺ショールーム
After

[ギャラリー]

  • こだわりと優しさの家
  • こだわりと優しさの家
  • こだわりと優しさの家
Before 間取り Before
After 間取り After
Page Top