内装工事ってどうすすめるの?

ONOYA吉祥寺リフォームショールームの小林です。

本日はちょうど今日から内装工事をしている現場がありましたので、内装工事(壁紙の張替えや床材の張替え)でもっとも大切な部分をご紹介します。

もともとの壁紙をはがして、薄い壁紙の下紙が見える状態にすると壁や天井がデコボコしているのがわかります。

これは下紙が余計に剝がれてしまったり、地震や経年劣化などで下地がゆがんでしまったりで起きています。

そこで登場するのがパテと呼ばれる下地調整材です!

ペースト状に練った材料を隙間や凹凸のある所に塗っていきます。これをしないと壁紙を張った後にもともとのデコボコを拾ってしまい、きれいな仕上がりになりません。

ぜひ、工事を控えているかたがいましたら、こういった言えない部分にも着目してみましょう!

 

三鷹市・武蔵野市のリフォーム・増改築を専門とするONOYA東京 吉祥寺ショールームは、
LDKリフォームを中心とした生活提案を行っております。
もちろんドアの交換などの小規模リフォームも取り扱っております。
吉祥寺・武蔵野・三鷹エリアでリフォームを検討中の方はぜひお気軽にご相談ください。

Page Top